図書の選定事業

全国学校図書館協議会選定図書

 全国学校図書館協議会は、1951年より学校図書館向きの図書の選定事業を行っています。現在、1年間に出版される図書の点数は、およそ8万点を越えていますので、各学校図書館がその中から学校図書館向きの図書を選ぶには、大変な困難が伴います。
 そこで、全国学校図書館協議会では、学校図書館に適した図書を選定し、機関誌『学校図書館速報版』で発表しています。各学校図書館は、この「速報版」に掲載されている図書、自校の教育課程、学校図書館の蔵書数、蔵書構成等を考慮して、購入する図書を選定します。
 この図書の選定は、月2回開く選定委員会の会議で行います。選定は、選定委員に委嘱された小学校、中学校、高等学校、大学の教員、学校図書館研究者、学識経験者の方々が行います。選定は、「全国学校図書館協議会図書選定基準」に基づいて、1冊の図書につき、複数の選定委員の推薦を受けますと、選定に合格になります。毎年、およそ7千点前後の図書が「選定図書」として選ばれています。
この選定の有効期間は5年間です。

● 選定図書リストをご活用ください ●
  速報版で掲載している選定図書リストについて、見かたや活用例を説明しています。

出版社の皆さまへ

 全国学校図書館協議会では、「全国学校図書館協議会図書選定基準」に基づき、学校図書館法第2条に定められている、学校図書館の目的に適った図書を選定しています。読者対象は、幼児向き、小学校低学年・中学年・高学年向き、中学校向き、高等学校向き、高等学校職業科(実業系の専門学科)向き、教師向きの8段階で選定しています。したがって児童書ばかりでなく多くの一般書、専門書や実用書の一部も選定しています。
 そこで全国SLAでは選定見本図書のご献本を随時受け付けております。選定見本は、絵本はできれば2冊、絵本以外は1冊で結構です。当会選定部宛てにお送りいただければ幸いです。
 出版社の皆さまのご協力をお願い申し上げます。詳しくは選定部までお問い合わせください。

このページのトップへ