どくしょ甲子園

dokusyo-kousien-logo.jpeg

どくしょ甲子園について

 「どくしょ甲子園」は、1冊の本をもとに高校生が4人程度のグループで読書会を開き、その成果を引用文や感想、イラスト等を交えて1枚の画用紙(A3判)に「どくしょボード」として表現するコンクールです。2010年の国民読書年を記念して朝日新聞社主催によりはじまりました。
 「1冊の本を真ん中に話し合うことは、読みを深めるだけでなく、他者のものの考え方や感じ方を知り、違うことを許容し、取り入れ、楽しみながら議論を深めていく、まさに、社会人としての将来に求められるコミュニケーション能力を育むツールとして最適」という趣旨のもと開催されていた同コンクールに、かねてより集団読書の重要性を唱え普及を行っていた全国学校図書館協議会が賛同し、第3回より朝日新聞社・公益社団法人全国学校図書館協議会の共催で行われることになりました。
 第1回は応募数215点、第2回は506点、第3回は545点と、全国の高校生にその輪が広がっています。

第5回どくしょ甲子園

主催
朝日新聞社 全国学校図書館協議会
後援
文部科学省
協力
出版文化産業振興財団

応募規定

対象図書
一般書店で入手できる、日本語で書かれた本。コミックや映像作品は除きます。
応募資格
現役高校生による4人前後のグループ。
応募作品
読書会で取り上げた本の面白さ、読書会の楽しさを表現して「どくしょボード」を作ってください。A3判(297ミリ×420ミリ)の画用紙を横長で使ってください。(規格外は失格になります)
【表面】
 (1)本を薦める独自のキャッチコピー(2)印象に残った本文の引用(掲載ページを明記)(3)書名、作者名、出版社名(4)「私たちが見つけたこの本の魅力」(400~600字)で構成。オリジナルのイラストや写真などビジュアルも工夫してください。
【裏面】
 読書会の模様を伝えるルポをB5サイズの用紙1枚に書いて応募用紙と並べて貼ってください。面白かったところ、苦労したところなどを1000~1200字(厳守)で。
応募方法
 応募用紙に(A)代表者の氏名、住所、電話番号、学校名、学年、クラス(B)そのほかのメンバーの氏名、学校名、学年、クラス(C)(学校を通した応募の場合)学校の所在地、電話番号、担当の先生の名前 を明記し、読書会の様子を写した写真を貼ってください。
★応募用紙(PDFファイル)は「どくしょ甲子園 公式サイト」よりダウンロードできます。
★何点でも応募できますが、未発表のオリジナル作品に限ります。
★類似コンクールとの二重応募はできません。応募作品は返却しません。
★入賞作品の著作権、出版権は主催者に帰属します。
送り先
〒101・0051 東京都千代田区神田神保町3の12の3
 JPIC内「どくしょ甲子園」A係 
締め切り
2014年9月26日〔金〕(必着)
選考の基準
  (1)本の魅力を表現できているか (2)読書会の盛り上がり、議論の深まりを伝えているか
【チームに贈る賞】
◎最優秀賞(1点)正賞と図書カード5万円分
◎優秀賞(2点)正賞と図書カード3万円分
◎奨励賞(3点)正賞と図書カード3万円分
※受賞者全員に、受賞作品をあしらった記念の盾を贈ります
【優れた取り組みをされた学校に贈る賞】
◎学校賞
発表
 受賞チーム・受賞校には11月7日〔金〕までに代表者あてに電話で通知。朝日新聞紙面などでも発表します。
表彰式
2015年1月31日〔土〕、東京で行い、最優秀・優秀・奨励作品の入賞チームを招待します。
氏名などの公表について
 応募された方の氏名、学校名、学年、作品、対象図書名は、朝日新聞紙面や「どくしょ応援団」のサイトで公表することがあります。

問い合わせ

どくしょ甲子園事務局
電話03・5211・7282(平日10時~17時)
ファクス 03・5211・7285(24時間)
Eメール koshien@jpic.or.jp
公式サイトhttp://www.asahi.com/shimbun/dokusho/koshien/

このページのトップへ