【日本絵本賞読者賞特別イベント開催!】武田美穂さん・久住卓也さんによる読み聞かせ・ワークショップ


第23回日本絵本賞読者賞を記念して、親子で楽しめる特別イベントを開催します!

柏の葉蔦屋書店(千葉県柏市)にて、1月上旬から日本絵本賞読者賞フェアを実施します。
期間中、同店舗で読者賞投票するか対象書籍をお買い上げいただいた方、絵本賞公式サイトで読者賞投票に参加した方を対象に、読者賞候補作品『おさるのこうすけ』(童心社)、『かん字のうた』(岩崎書店)の著者である武田美穂さん、久住卓也さんによる読み聞かせ&ワークショップイベントを開催します。

▼読者賞候補作品一覧はこちら  http://www.j-sla.or.jp/contest/ehon/ehon23th.html

楽しいイベントを予定しています! ぜひご参加ください。
イベントの参加方法等は下記をご確認ください。

イベント概要
武田美穂さん読み聞かせイベント
期日:2018年1月21日(日) 14:00~
会場:柏の葉蔦屋書店 2階 柏の葉ラウンジ
内容:『おさるのこうすけ』読み聞かせ&ワークショップ「キラキラバッヂを作ろう!」
※15:00よりサイン会も開催予定。サイン会はイベント参加者以外も対象です。予約不要。サイン対象本は、お一人一点まではご自宅にお持ちの書籍へサイン可能。二冊目以降は柏の葉蔦屋書店内の著者本に限ります。
※お子さんの参加には、必ず保護者が同伴ください

久住卓也さん読み聞かせイベント
期日:2018年2月17日(土) 14:00~
会場:柏の葉蔦屋書店 2階 柏の葉ラウンジ
内容:『かん字のうた』読み聞かせ&ワークショップ「かん字の絵を描こう!」(仮)
※お子さんの参加には、必ず保護者が同伴ください

参加方法
◆対象1:
2018年1月上旬から、柏の葉蔦屋書店で開催される「日本絵本賞読者賞フェア」にて投票に参加した方、または日本絵本賞公式サイトよりWEB投票された方
【人数】各イベントにつき先着15名(応募者が子どもの場合、同伴の保護者は人数に含まない)
【参加予約】Web上の申込フォームにて受付。フェア会場で配布する投票券の半券に記載されたシリアルナンバー、またはWEB投票されたサイト名を、予約時のご要望欄にご記入ください。

◆対象2:
2018年1月上旬から柏の葉蔦屋書店で開催される「日本絵本賞読者賞フェア」にて、対象書籍(『おさるのこうすけ』武田美穂 作・絵 童心社 /『かん字のうた』川崎洋 詩、久住卓也 絵、宮川健郎 監修 岩崎書店 / または店内の武田美穂氏・久住卓也氏の本)をお買い上げいただいた方
【人数】各イベントにつき先着15名(応募者が子どもの場合、同伴の保護者は人数に含まない)
【参加予約】事前にWeb上の申込フォームにてお申込のうえ、当日までに対象書籍を柏の葉蔦屋書店にて購入し、購入時のレシートを当日お持ちください。

イベント内容詳細、お申込Webフォームなどの情報は、下記リンク先をご確認ください
▼柏の葉蔦屋書店 イベントページ
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/
著者プロフィール
◆武田美穂さん(絵本作家)
東京都生まれ。絵本に『となりのせきのますだくん』(絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞・絵本賞)、『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』(絵本にっぽん賞)、『すみっこのおばけ』(日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本の里大賞)、『おかあさん、げんきですか。』(後藤竜二・作 日本絵本賞大賞&読者賞)など多数。

◆久住卓也さん(イラストレーター)
東京都生まれ。絵本作品『むしたちのうんどうかい』『むしたちのおんがくかい』など「むしたち」シリーズ(得田之久・文)、幼年童話『1円くんと五円じい』シリーズ(久住昌之・作)など。兄・久住昌之とのユニット「Q.B.B」として発表したマンガ『中学生日記』で文藝春秋漫画賞を受賞など、幅広い分野で活躍。
 
このページのトップへ