2016年度文部科学関係予算(学校図書館・子どもの読書関係)

 2015年12月24日、2016年度の政府予算案が閣議決定され、文部科学省は「平成28年度文部科学関係予算(案)主要事項」を公表しました。
 学校図書館や子どもの読書に関する予算は以下のとおりです。
 ※( )内は前年度予算額。

≪学校図書館関係≫
*司書教諭及び学校司書の資質の向上等を通じた学校図書館改革 34百万円(前年度35百万円)
 〈内訳〉
  1:学校司書の資格・養成の在り方や資質能力の向上等に係る調査研究事業  3.6百万円(前年度5百万円)
  2:司書教諭養成講習会  30.5百万円(前年度30百万円)
 このほか、教員の「質」と「数」の一体的強化のための予定額「加配定数の改善」の中に、「チーム学校の推進」が挙げられ、「学校マネジメント機能の強化」として「主幹教諭、事務職員の拡充」80人が挙げられており、この「事務職員」には学校司書が含まれています。

≪子どもの読書活動推進関係≫
*子供の読書活動の推進 39,709千円(前年度40,445千円)
 〈内訳〉
  ・子供の読書活動の推進等に関する調査研究 12,302千円(前年度7,221千円)
  ・読書コミュニティ拠点形成支援 20,202千円(前年度25,692千円)
  ・「子ども読書の日」の理解促進 7,205千円(前年度7,532千円)

▼文部科学省サイト内 平成28年度予算ページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h28/1361362.htm

このページのトップへ