文部科学省に要望書を提出しました

 文部科学省では現在、「総合的な教育改革を推進するための機能強化」をめざすため、大きな組織再編が予定されています。2017年12月に閣議決定された文部科学省「平成30年度機構・定員について(主要事項)」では、
・子どもの読書推進(これまでは青少年教育課が担当)
・公共図書館に関する事務(これまでは社会教育課が担当)
・学校図書館に関する事務(これまでは初等中等教育局児童生徒課が担当)
が、総合教育政策局地域学習推進課へ移管されることなどが示されています。

 全国SLAはこの文部科学省の再編案に関して、これまで各県SLAから意見を求めてきました。そして今回、寄せられた意見を基に、2018年3月13日に「文部科学省の組織再編に伴う学校図書館行政に関する要望書」を同省へ提出いたしました。
 要望書では、今後の学校図書館行政においても一層の学校図書館の充実を求め、人的体制や地方財政措置の継続、司書教諭や学校司書の配置拡大などを改めて要望しています。

 ▼要望書はこちら(全国SLA Webサイト内)
 http://www.j-sla.or.jp/about/request-04.html

このページのトップへ