日本絵本賞

第26回「日本絵本賞」要項

1.目的
絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する。
2.名称
「第26回日本絵本賞」と称する。
3.主催
公益社団法人全国学校図書館協議会
4.対象絵本
2020年1月1日から12月31日までに、日本において出版された絵本とする。
5.表彰
▼「日本絵本賞大賞」:1点。「日本絵本賞」のうち最も優れた作品1点を「日本絵本賞大賞」とする。該当作品がない場合は授賞しない。
▼「日本絵本賞」:3点以内。ただし、大賞が出なかった場合は4点以内とする。「日本絵本賞」は翻訳絵本も対象とし、該当作品がある場合は「日本絵本賞翻訳絵本賞」として授賞する。「日本絵本賞翻訳絵本賞」は1点とし、大賞とはしない。
「日本絵本賞」「日本絵本賞翻訳絵本賞」ともに該当作品がない場合は授賞しない。

以上の賞には、作家、画家、翻訳者にそれぞれ賞状、盾及び賞金を贈呈する。出版社には賞状及び盾を贈呈する。
6.選考
①全国学校図書館協議会絵本委員会において、第1次選考、第2次選考を行い、「日本絵本賞最終候補絵本」を決定する。
②作家、画家、絵本研究者、美術評論家などの中から、主催者が委嘱した最終選考委員による最終選考会で、「日本絵本賞」を決定する。
7.発表
2021年5月中旬(予定)『学校図書館速報版』紙上
8.表彰式
2021年6月上旬(予定)に東京都内において行う。
このページのトップへ