「学校読書調査」の結果

 全国学校図書館協議会は毎日新聞社と共同で、全国の小・中・高等学校の児童生徒の読書状況について毎年調査を行っています。

第64回学校読書調査(2018年)

 第64回調査(2018年)の結果がまとまりました。
 調査の項目は、毎年定例のものと年ごとに特設したものとがあります。「5月1か月間に読んだ本の冊数」「読んだ本の書名」「5月1か月間に読んだ雑誌の冊数」「ふだん読んでいる雑誌名」は、毎年調査しています。
 今回はそのほかに、「どんなときに本を読みたくなるか」「学校や家での読書にかかわる体験」「本を読むことがすきか」「くり返し読んだ本、考え方や生き方に影響を与えた本」「電子書籍の読書」「Web上の情報をどう思うか」について調査しました。

 第64回調査の結果では、2018年5月1か月間の平均読書冊数は、小学生は9.8冊、中学生は4.3冊、高校生は1.3冊、不読者(5月1か月間に読んだ本が0冊の児童生徒)の割合は、小学生は8.1%、中学生は15.3%、高校生は55.8%となっています。

第64回学校読書調査概要

調査者:全国学校図書館協議会、毎日新聞社
調査時期:2018年6月第1・2週
調査対象:全国の小学生(4~6年生)・中学生(1~3年生)・高校生(1~3年生)の抽出調査
《小・中学校は都市規模別、高校は学科別にサンプル校を抽出し、各学年1クラスで実施》
 小学生:2730人  中学生:2714人  高校生:2976人
調査項目:
 問1:5月1か月間に読んだ本の冊数
 問2:5月1か月間に読んだ本の書名
 問3:5月1か月間に読んだ雑誌の冊数
 問4:ふだん読む雑誌の誌名
 問5:どんなときに本を読みたくなるか
 問6:学校や家での読書について【家の人・先生からの読み聞かせや本を紹介された経験など】
 問7:本を読むことがすきか
 問8:今までに、気に入って何度もくり返し読んだ本、考え方・生き方に影響をあたえた本があるか
 問9:電子書籍の読書経験
 問10:SNSやインターネット上の情報をどう思っているか

 なお、「第64回学校読書調査」全項目の結果と分析は、機関誌『学校図書館』2018年11月号に載っていますのでご覧ください。また、詳細なデータは、2019年4月に発行される『読書世論調査 2019年版』(毎日新聞社刊)に掲載の予定です。


過去31回の学校読書調査結果の推移 

第34回【1988年】 ~ 第64回【2018年】

5月1か月間の平均読書冊数

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

64-sassuu.png

不読者※の数

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

64-fudoku.png

※この調査では、5月1か月間に読んだ本が0冊の児童生徒を「不読者」と呼んでいます。

このページのトップへ